インテル・ワールドオープン・トーナメントに ストリートファイターⅤの参加が決定

ゲーミング・テクノロジーのリーダーであるインテルは、eスポーツ・トーナメントの「Intel World Open」の開催を発表しました。このトーナメントは、eスポーツの興奮と感動を伝えることを目的に、来年の夏期オリンピック競技会直前に東京で開催されます。

2020年夏期オリンピック競技会の直前にインテルがストリートファイターVをフィーチャーした「 Intel World Open 」を開催します。

東京2020への道のり

<トーナメントについて: Intel World Openは、2020年早々、オンライン予選から始まります。オンライン予選では、腕前を問わずあらゆるレベルのプレイヤーが各国の代表チームのメンバーを目指して競うことができます。6月にポーランドのカトヴィツェで開催される最終予選イベントで、東京2020 オリンピック競技会に向けた代表チームが戦い、7月22日~24日に東京で開催されるeスポーツ・チャンピオンシップ大会出場チームが決定します

東京決勝戦: 決勝戦は、東京オリンピック開催地区の中心にある会場 Zepp DiverCityで開催されます。それぞれの国や地域を代表するチームが、人気のeスポーツタイトル「ストリートファイターV」と「ロケットリーグ」の2つのトーナメントで競い合います。

賞金: ストリートファイターVの賞金総額は25万ドルです。

トーナメント構成

  • 国内予選: 予め選抜された12か国で2020年3月より国内予選を行い、各国4人のベストプレイヤーを選出、その国の代表チームを編成します。12か国の国内予選は4~8週にわたり開催され、予選には何度でも挑戦できます。予選で勝ち抜いた4名からなる各国の代表チームは6月にポーランドで開催される最終予選に参加できます。
  • 地域予選: 予め選抜された12か国以外の参加者は、2020年3月~5月に行われる地域予選に参加できます。上位8チームがポーランドで開催される最終予選に進めます。
  • ポーランド・カトヴィツェ ライブ予選: 最終予選は2020年6月にポーランドのカトヴィツェで開催され、4日間にわたるチーム対抗戦となります。20チームがグループステージ予選で競い、アメリカ大陸、EEMEA(欧州・中東・アフリカ)、APEC(アジア・太平洋)の各地域の最強チームを決定、最終的に7チームが東京決戦に勝ち進みます。
  • 東京での決勝イベント: 決勝イベントは2020年7月22日~24日、お台場地区にあるZepp DiverCityで開催されます。ポーランド最終予選を勝ち抜いた7チームと日本チームを合わせた、世界上位8チームが25万ドルの賞金プールを賭けて競います。
  • 追加情報: 2019年10月にさらに詳しい情報が発表される予定です。